FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心電図と採血
【D14】 基礎体温 35.99℃ 

こんばんは

昨日の卵胞チェックの後にすぐ、体外への準備として
心電図と採血をとりました

正直「 え!もう?! 」

と思いましたが、次周期から体外へ進むなら今から準備が必要
とのことで言われるがままに検査しました

明日で最後となる人工授精で妊娠が出来たら心電図も採血も
無駄になっちゃうけど完全に金銭感覚が麻痺してます

無駄になってくれる方が嬉しいんですけどね…


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
スポンサーサイト
体外・顕微セミナー受講
こんばんは(^-^)

2/19(土)は病院が定期的に開催している
『 体外・顕微受精セミナー 』を夫と受講してきました(^O^)v

併設している総合病院での受講でしたが、
行ってみると15組の方々がいらっしゃいました。
ほとんどがご夫婦でしたが中には女性がお一人の方も。

私は夫と並んで座り早速資料と筆記用具を机に準備♪
なんだか学生時代の講義を思い出します(^^;

講師は私もお話や採血でお会いしたことがある女性看護師さんです。
いつも笑顔で、とても気さくな方なので
会うたびに質問もしやすい看護師さんです(^-^)

スライドを見ながら体外・顕微に関する
一連の流れや費用について説明してくれました。

途中、その看護師さん自身も8年かけて
顕微授精でようやくお子様を授かったお話をして下さいました。

また、とても印象に残ったのは
私たち妻の気持を代弁してくれたことが嬉しかったんです。

 「 生理がくるたびに落ち込み、何度涙したことか。
     周囲の言葉に敏感になり気持ちが荒れたこと。
     本当はとても辛く、苦しくイライラし
     つい夫に当たることはあっても、
     女性はそれを隠していることがある。
     なので不妊治療は男性にも頑張って頂きたい。 」

そういう話をされ、私は胸が熱くなりました。

いつも明るく気さくな看護師さんの過去の葛藤。
私もまだまだ甘い、頑張らねば!と思いましたp(^^)q

時間にして約2時間半。
とても短く感じました。

途中‥培養士さんのお話中に記憶飛ぶ(笑)
すみません(^^;

そして受講が終わり夫とお茶したのですが
意外な一言を言いました。

 『 体外受精、もう少し時期を早めてもいいよ 』

 『へっ!?(@д@)』

 『いやぁ‥今日のセミナーみたら早いほうがいいかと思って』

そ‥そうかもしれないけどやけに急だなぁ(^o^;

元々、医師には人工授精を3回してみて
ダメなら体外へ‥と伝えてましたが、
あと1回で体外にすると決めました。

今日のセミナーが夫にも私にも気持ちに変化が見え、
改めて協力的な彼で良かったと思いました(^-^)

前に進んでる気がします!!


最後まで読んでくれてありがとう koruku.jpg

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
素朴な疑問
おはようございます

今日は久々の雨です
まだまだ寒いですね~~~

ところで、タイトル通り素朴な疑問があります

先日私が検査したAMH(抗ミュラー管ホルモン)という、
卵巣年齢の結果と、排卵誘発の関係性です

女性の卵巣には数限られた卵があり、
その数は初潮を迎えてから決まっている事は知ってました。

でも、前の婦人科で何度かクロミッドで排卵を誘発し、
1回に複数の卵(私の場合1~2個でした)が排卵されました

よく考えたら、元々数が決まっている卵を、
無理やり排卵させてしまったら数が早く減るのでは?

また、減る速度が早いと共に卵巣年齢も早まるのでは?

なんてことをぼんやり考え、いろいろ調べてみました

以前通院していた婦人科へメールで質問してみました
で、回答を頂いたので内容をまとめて記載したいと思います。

T病院からの回答
________________________________________________________________________________

通常排卵誘発に関係なく数個の卵が成長サイクルに入っていきます。
そのうちの1~2個が排卵に上っていくことになりますので、
どうしても数は減ってきます。

クロミッドを使っている方とそうでない方の間で
差が出るかどうかに関してはあまり差がないようです。

AMHは卵巣における予備能力つまり十分な排卵ができる
卵があるかどうかを示していると考えられています。
5.5を割り込んでくると排卵効率が悪くなるとされています。


_________________________________________________________________________________

上の文章にもあるように、排卵誘発とは関係なく
予備的に存在する卵から、さらに排卵できる卵が
あるのかどうかを示している数値がAMHということです。

私はAMH数値が6.6という低いものでしたが  詳細はコチラ
やはりこの先を考えるとのんびりしてられないですね

あと、私がリンクで添付している
【 妊娠しやすいカラダづくり 】にも同じような質問があり、
より詳しい内容を記載されていますので覗いてみてください

詳細はコチラ → Q&A

ちなみに、
この卵巣年齢を克服する方法は今のところ
ナシ…ということです

せめて卵の質を良くしようと、
今でもビタミンEや葉酸サプリを愛飲しています


最後まで読んでくれてありがとう

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
卵巣年齢(AMH)
こんばんは☆

本日は初めて土曜日の診察で、
前回と同じ女性の先生にお願いしました(^-^)

今日は卵胞チェックと併せて先日採血した。
AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査の結果を聞きました。

まずは卵胞チェック

卵胞が小さいのか、はっきり見えない…
排卵してしまった後なのかもしれない とのことでした(o_ _)o

そして卵巣年齢のAMHの結果がテーブルの上に
1枚の用紙が置いてあり数値を見て愕然としました(T-T)

AMH数値は6.6・・・ヽ(`Д´)ノ

年齢でいうと40代前半の卵巣だということです。
えぇーーーー!!!(>д<)

なんだか・・・
ショック過ぎて頭に言葉が入りませんでした
でも、少しずつ冷静に話を聞くように頑張りました

先生「 数値が思ったよりも低いね・・・
    これではのんびりしてられないと思うので、
    人工授精は1~2回してみて妊娠できなければ、
    体外受精にステップアップのほうが近道だよ 」

私 「 そうですよね… 」

先生「 あとFSH(卵胞刺激ホルモン)
    平均値よりも高く11.5なんですよね・・・ 」

私 「 はい…(;_;) 」

FSHの目安は10~12の数値だそうです。
高くなればなるほど閉経が近づき、
20になるといよいと閉経が始まると言われるそうです

先生「 ただ、あなたは妊娠は出来るのだから卵の質とは関係ないよ、
    できるうちにステップアップを考えた方がいいかも 」

私 「 わかりました。主人とよく話し合います(+o+)」

下に基準値を表にしてみました↓

■AMH(卵巣年齢)

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一種。
卵巣の中にある、これから育っていく卵胞(発育卵胞、前胞状卵胞)
から分泌されるホルモンです。

AMH値が高いとこれから育つ卵胞が卵巣内にまだまだたくさんある状態。
値が低いと、卵胞が少なくなってきている状態、ということです。


50pM 25~30歳
40   30~35歳
20   35~40歳
10   40~45歳 ← 私はココ
5    45~50歳

■FSH(卵胞刺激ホルモン)

卵巣に存在する卵胞を刺激して発育を促す働きを持つ卵胞が
発育することによって卵が成熟し、同時に卵胞ホルモンも増量する
正常値:卵胞期 3.4~13.9
     排卵期 3.5~21.1
     黄体期 0.9~9.3
     閉経後 34.8~190.4


元々、人工授精の回数を決める為に
私はこの検査をお願いしました。

でも思ってた以上に悪い結果で
改めて厳しい現実をつきつけられた感じです(x_x;)

しっかり今の自分を受け止め
体外受精への現実化を目指すつもりです。

まずは人工授精で授かることを願うばかりです(-人-)


診察料     4460円

___________

合計     25410円


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

ペコ

Author:ペコ
**********************

2008年3月に結婚。
2012年3月8日に娘誕生☆

**********************

治療の詳細は  コチラ

【2008年4月】
・化学流産(妊検うっすら陽性)
【2008年10月】
・完全流産(胎嚢・卵黄嚢のみ)
【2008年11月】
・不育症検査(保険内)→○
【2009年1~5月】
・自己流タイミング→×

【2009年6~12月】
≪婦人科で不妊治療デビュー≫
・一般不妊検査→異常なし○
(クラミジア感染→薬で完治)
・タイミング法→×
【2010年1~6月】
・自己流タイミング→×
【2010年7~8月】
・AIH2回→×
【2010年9月】
・再度タイミング法で妊娠
【2010年10月】
・稽留流産(胎嚢のみ)→子宮内清掃術

【2010年12月】
≪不妊・不育専門病院へ転院≫
・不育症検査(保険外)→異常なし○
・染色体検査( 〃  )→異常なし○
【2011年1~2月】
・AIH2回→×
・AMH数値(抗ミュラー管ホルモン)→6.6
【2011年3月】
・体外受精へステップアップ
【2011年4月】
・ショート法→中止
・アンタゴ法→採卵→グレードB移植
【2011年5月】
・陽性判定→化学流産 ×
【2011年6月】
・自然周期→7日目胚盤胞4AB移植
・陽性判定
【2011年8月】
・不妊専門クリニック卒業!

≪産院へ転院≫
・2012年3月7日出産予定

・2012年3月8日女の子を出産♪

最近の記事+コメント
娘の成長キロク♪
カテゴリツリー
リンクツリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご質問などがあればメール下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。