FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【1週期目】AIH
こんにちは 

今回からついに!人工授精(AIH)をすることになりました 
まず1回目のAIHについて、書かせて頂きます 

【 1周期目 】 (6/23~7/28) 35周期目


≪ 2010年 6/29 ≫ 周期6日目

半年ぶりのT病院 
今周期から凍結精子でのAIHをしたい事を伝えました。

私  「 この半年間、自己流でタイミングをとりましたがダメでした
      前回、先生が仰って下さった人工授精をしたいと思って来ました。 」

先生   「 うんうん。決心するのに時間がかかるのは仕方ないよ。
          前向きに考えて一緒に頑張ろうね 」

私  「 あと、主人が平日は出張で不在なんです。。
       いろいろ調べたら精子を凍結できるということを知ったのですが 」

先生   「 もちろん凍結できるよ。
         世界にも精子バンクがあるくらいだからね。 」

ただ、自分でも調べていて凍結精子のデメリットもあることは知っていました。
凍結する事で精子の全体量、運動率が解凍すると半分になると言う事
先生も同じことを話され、デメリットのことはやむを得ないと伝えました。

そういったデメリットもあるため、凍結精子は2~3回に
分けて精子を持って行き、その都度凍結していくようです。

≪ 2010年 7/3 ≫ 周期10日目

採取した精液を病院へ持って行きました 
( 朝から協力してくれた夫よ…ありがとう  )

結果はその日に分かるとのことでした。
半年前の精子検査よりも3倍以上の量と運動率! 
さっそく1回目の凍結をお願いしました。

今週の10日(土)に排卵できそうなら、今日の凍結精子と併せて、
土曜日のフレッシュな精子でAIHができたらベストと仰ってました
でも平日に排卵が起こりそうなら、凍結精子のみでAIHです。

≪ 2010年 7/6 ≫ 周期13日目

昨日から中国製排卵検査薬が濃い陽性になり、今朝は真っ白の陰性 

えぇぇ   もしかして排卵済んじゃった???

と思いあわてて病院に行きましたが、内膜もまだ薄く、
卵胞もまだ小さいし排卵はまだ先…とのこと 
採血  でホルモン検査して、排卵済みかどうか確認してもらいましたが
やっぱりまだ排卵していない模様 

中国製排卵検査薬…ダメなのかしら… 

っていうか 「 私、なにを焦ってるんだろう 

≪ 2010年 7/8 ≫ 周期15日目

念のためもう一度、卵胞チェック  
卵はすくすくと成長し、内膜も厚くなってきているとのこと 
もう少し様子を見ることに。

≪ 2010年 7/10 ≫ 周期17日目

精子採取し、病院に持って行く 

≪ 2010年 7/13 ≫ 周期20日目

卵は18×17mmに育ってくれていた 
この様子だとAIHできると言われ、明日、行う事に 
7/10に持って行った精子よりも、1回目の凍結精子の方が良好だそうです 

≪ 2010年 7/14 ≫ 周期21日目

初AIH!
1回目の凍結精子を自然解凍し、洗浄したものを注入 
やっぱり凍結する事で精子量、運動率が減っているようです 
それでも夫が居ない平日に排卵があるのなら可能性はゼロではない! 

そう祈りながら、人工授精に挑みました 

注入時間はほんの5分程度でした。
いつもの内診台に乗り、いつものように台があがる。

先生  「 今から精子いれるからね~ 」

その後、待合室で20分ほど安静にしていました 
Hcg注射  で排卵を空促進し、恐らく明日か明後日に排卵する模様 
抗生物質のお薬セフゾン を1日分服用。

≪ 2010年 7/16 ≫ 周期23日目

排卵済みかの確認で病院へ 
無事に排卵してました  あとは祈るのみです 

ホルモンを保つために再度Hcg注射を打ちました 
今日の夜から10日分のルトラールを服用です 

7/17に念のために次の精子を持って行く 
現在、凍結精子はストック2本。 


≪ 2010年 7/28 ≫ 生理 ×


今周期の診察料   \9500
AIHの治療費    \15000
――――――――――――――
累計         \24500


※ 凍結の費用は1回5000円
  料金は後日とのこと


最後まで読んでくれて、ありがとう 

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ



スポンサーサイト
AIHへのステップアップ
おはようございます 

今回は、人工授精を決意した時の心境を綴ろうと思います 

今まで、基礎体温や排卵検査薬を用いて自己流でタイミングをとったり
病院へ行き、Hcg注射とルトラールでのタイミング法を行ってきました。

タイミング法を半年かけても撃沈した時に医師は言いました。

医師  「 人工授精も視野にいれてみようか 

私はこの言葉がとても重く感じ、少し怖さもあったと思います 
でも、その後、不妊検査で異常がないにもかかわらず、
自己流タイミングは甲斐なく毎周期リセットされてきました 

結婚してすでに2年3カ月が過ぎていました。
最後の流産からも1年半以上たっています。

漠然と「 私、妊娠出来るんだろうか・・・ 」と思い始めてました。

その不安と共に、再び夫の出張が決まったのをきっかけに
私は人工授精へのステップアップを決意しました 

人工受精とは

子宮の中に洗浄した精子を入れて、受精を助ける方法です。
私の通院する病院では、採取した精液と培養液を混ぜて、
アイソレイトという液の上にのせるように入れ、遠心分離します。
すると、奇形精子や運動能力の弱い精子、白血球などが上部に残ります。
底に集まった良好な精子だけを回収し、洗浄します。

でも夫は平日不在 
どうやって人工受精すればいいのだろう 
そこで、いろんなサイトをハシゴしながら見つけたのが

【 精子凍結 】という方法でした。

夫が平日おらず、排卵日を逃して確率をゼロにするのなら、
少しでも確率を上げるために凍結という方法に
希望を託してみたいと思いました 

夫に相談しました。
彼自身もタイミングでは期待が薄いのでは…と思い始めていたようです。
でも、私が考える治療方法を彼は快く引き受けてくれるかと言えば、
簡単ではないことも私には重々理解できますし、無理もないと思います。

だって、仕事で疲れて帰って来て、次の日は精子採取し、
私が病院へ持って行く。そして凍結してもらう。

「 子どもが欲しい 」 という気持ちは夫婦で同じでも、
私の気持ち一つで、彼を振り回していることも否めません。

そして、全面的に協力すると夫は決断してくれました。
出張に出てしまう事に彼自身が責任を感じていたようです。
いえ…きっと、私がそう思わせてしまっているのかもしれません 

どうか私たち夫婦に、赤ちゃんが授かりますようにと
願いを込めての決断でした 


最後まで読んでくれて、ありがとう 

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

ペコ

Author:ペコ
**********************

2008年3月に結婚。
2012年3月8日に娘誕生☆

**********************

治療の詳細は  コチラ

【2008年4月】
・化学流産(妊検うっすら陽性)
【2008年10月】
・完全流産(胎嚢・卵黄嚢のみ)
【2008年11月】
・不育症検査(保険内)→○
【2009年1~5月】
・自己流タイミング→×

【2009年6~12月】
≪婦人科で不妊治療デビュー≫
・一般不妊検査→異常なし○
(クラミジア感染→薬で完治)
・タイミング法→×
【2010年1~6月】
・自己流タイミング→×
【2010年7~8月】
・AIH2回→×
【2010年9月】
・再度タイミング法で妊娠
【2010年10月】
・稽留流産(胎嚢のみ)→子宮内清掃術

【2010年12月】
≪不妊・不育専門病院へ転院≫
・不育症検査(保険外)→異常なし○
・染色体検査( 〃  )→異常なし○
【2011年1~2月】
・AIH2回→×
・AMH数値(抗ミュラー管ホルモン)→6.6
【2011年3月】
・体外受精へステップアップ
【2011年4月】
・ショート法→中止
・アンタゴ法→採卵→グレードB移植
【2011年5月】
・陽性判定→化学流産 ×
【2011年6月】
・自然周期→7日目胚盤胞4AB移植
・陽性判定
【2011年8月】
・不妊専門クリニック卒業!

≪産院へ転院≫
・2012年3月7日出産予定

・2012年3月8日女の子を出産♪

最近の記事+コメント
娘の成長キロク♪
カテゴリツリー
リンクツリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご質問などがあればメール下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。