FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
化学流産
2008年3月に結婚しました

そして4月。
これから新婚生活が始まる!と言うときに、
生理が来ていない事に気づきました
今まで買った事もない妊娠検査薬 【 チェックワンファスト 】 を購入し、
早速試してみることに

トイレの中で待つ事1分・・・・
すると、うっす~~~ら陽性反応が
自分の中ではもう 「 妊娠出来てるんだ 」 なんて思っていました。
すぐに口コミで評判の良い、近くの産婦人科 【 T病院 】 へ
予約の電話をしました


後日、T病院に行き初めての妊娠検査
正直、今まで婦人科に行った事がない私には内診が
怖くて怖くて仕方なかったです
尿検査をし、その後、初の内診へ

先生  「 妊娠検査薬で陽性だったの? 」

  「 うっすらですけど、陽性でした。 」

先生" border= 「 う~ん。。まだ何も見えないんだよね。。 」

  「 ええっ そうですか。。。 」

先生  「 1週間くらい様子見てくれるかな?ちょっと早すぎたかもねぇ 」

昨夜の痛みよりも、さらに痛みが増し、我慢できずにトイレに駆け込みました。

すると。

大量の出血とともに、ドロっとした感触が。。
心臓がドキドキして、今までに無い腹痛にしばしトイレでうずくまって思いました。

「 あぁ・・・これはダメだったんだな・・・ 」と。

仕事から帰る途中に、T病院があるので電話し、そのまま病院へ

2度目の内診でした。
内診台の向こうにいる先生が 「 う~ん…やっぱり何も見えないな・・・ 」

診察室にて

先生「 おそらく化学流産だね。残念だったね…
        受精はしたけど、着床は出来ないと言う事なんだけど、
        これは流産にはカウントしないから、
        3回くらい生理を見送ったら、また妊娠に向け頑張って!」と。

どうして自分にこんなことが起こるのかと、
とてもショックで誰にもこの気持ちを言えませんでした。
スポンサーサイト
娘の健診・通院履歴
☆ 産まれてきてくれてありがとう ☆
☆ これからもスクスク成長してね ☆


※ こちらのページは随時更新して行きます  

これまでの道のりはコチラ  【流産・治療履歴】 【妊婦健診履歴】

005.gif
005.gif

2012年 3/8
・AM7:25 2988gの娘を出産 
2012年 3/22 2週間健診
・生後14日目 体重3420g

2012年 4/11 1か月健診
・生後34日目 体重4425g
・先天性検査 → 異常なし○

2012年 4/12 市の助産師訪問
・生後35日目 体重4460g

2012年 4/23 H小児科受診
・生後46日目 ごく軽度の乳児湿疹 → 様子見で薬など処方なし

2012年 5/11 A小児科受診 【2か月】
・生後64日目 予防接種 ヒブワクチン(1回目)

2012年 5/14 H小児科受診 【2か月】
・生後67日目 軽い風邪(クシャミと乾いた咳) → シロップ処方5日分

2012年 5/18 A小児科受診 【2か月】
・生後71日目 予防接種 肺炎球菌(1回目)

2012年 6/8 A小児科受診 【3か月】
・生後92日目 予防接種 ヒブワクチン(2回目)

2012年 6/13 市の赤ちゃん相談 【3か月】
・生後97日目 体重6190g 身長61.8cm

2012年 6/15 A小児科受診 【3か月】
・生後99日目 予防接種 肺炎球菌(2回目)

2012年 6/22 A小児科受診 【3か月】
・生後106日目 予防接種 三種混合(1回目)

2012年 7/6 A小児科受診 【3か月】
・生後120日目 予防接種 ヒブワクチン(3回目)

2012年 7/19 保健センター 【4か月】
・生後133日目 予防接種 BCG

2012年 8/3 保健センター 【4か月】
・生後148日目 4ヶ月健診 体重6570g 身長63cm

2012年 8/20 A小児科受診 【5か月】
・生後165日目 予防接種 三種混合(2回目)

2012年 8/27 A小児科受診 【5か月】
・生後172日目 予防接種 肺炎球菌(3回目)

2012年 9/4 A小児科受診 【5か月】
・生後180日目 予防接種 不活化ポリオ(1回目)

2012年 9/11 A小児科受診 【6か月】
・生後187日目 予防接種 三種混合(3回目)

2012年 9/12 市の赤ちゃん相談 【6か月】
・生後188日目 体重6720g 身長66cm

2012年 9/26 A小児科受診 【6か月】
・生後202日目 予防接種 不活化ポリオ(2回目)

2012年 10/17 A小児科受診 【7か月】
・生後223日目 予防接種 不活化ポリオ(3回目)
妊婦健診履歴
☆ 無事に元気な赤ちゃんを出産出来ますように ☆
※ こちらのページは随時更新して行きます   

ココへ辿り着くまでの道のりはコチラ   流産・治療履歴

005.gif
005.gif


2011年8月
・不妊専門クリニックから産科へ転院  
8/11 10w1d  FTA 37mm
          おりもの検査 → 異常なし○
8/18 11w1d  FTA 46.5mm
          子宮ガン検査 → 異常なし○   
8/31 13w0d  FTA 7.66cm(4か月健診)
          採血→○
9/7  14w0d  膣の奥チクチク
9/14 15w1d  おりもの検査 → 雑菌あり → 膣内洗浄
9/28 17w0d  FTA 11㎝ (5カ月健診)
10/26 21w0d  FTA 20㎝ 約400g (6カ月健診)    
11/17 24w1d  FTA 28cm 約690g (7カ月健診・前半)
          心臓スクリーニング → 異常なし○  
11/30 26w0d  FTA 35cm 約940g (7カ月健診・後半)
          血糖値検査 → 異常なし○
          クラミジア検査 → 異常なし○
12/14 28w0d  FTA ?cm 約1200g (8カ月健診・前半)   
12/28 30w0d  FTA 52㎝ 約1550g (8カ月健診・後半)  
1/11 32w0d   FTA ?㎝ 約1900g (9カ月健診・前半)
          鉄剤フェロミア朝夜1錠ずつ服用開始(2週間分)   
1/25 34w0d   FTA ?㎝ 約2150g (9カ月健診・後半)
          ヘモグロビン(鉄分) 10.9
          鉄剤フェロミア 朝昼夜1錠ずつに変更(1週間分)
          自己血採取(1回目) → 320ml 
          おりもの検査 → 異常なし ○
2/1 35w0d   自己血採取(2回目)のみ受診 → 330ml 
          ヘモグロビン(鉄分) 11
          鉄剤フェロミア 朝昼夜1錠ずつ(1週間分)

※ 2/3~切迫早産で入院 → 2/9退院 

2/8 36w0d  FTA 71.40㎝ 約2543g (10カ月健診・1回目)
         ヘモグロビン(鉄分) 10.0で自己血採取出来ず ×
         鉄剤フェロミア 朝昼夜1錠ずつ(1週間分) 
2/15 37w0d  FTA ?cm 約2600g (10カ月健診・2回目)
          自己血採取(3回目) → 300ml  
          ヘモグロビン(鉄分) 11.9
          鉄剤フェロミア 朝昼夜1錠ずつ(1週間分) 
2/22 38w0d  FTA 74cm 約2780g (10カ月健診・3回目)
          鉄剤終了   
2/29 39w0d  FTA ?㎝ 約3000g (10カ月健診・4回目) 
3/7  40w0d  早朝から5分間隔の陣痛 → 入院
3/8  40w1d  AM7:25 2988gの女児出産 

応援よろしくお願いします♪
流産・治療履歴
☆ 赤ちゃんを授かることができますように ☆
※ こちらのページは随時更新して行きます 

005.gif
005.gif

2008年3月結婚

2008年4月
・妊娠検査薬で陽性になるが、すぐ化学流産 → 【化学流産】

2008年10月
・再度、妊娠が判明するが2度目の流産 → 【完全流産】

2008年11月
・総合病院で不育症検査 〇
・葉酸サプリ(毎日服用)

2008年12月末
・仕事を退職し子作りに専念

2009年1月~5月
・基礎体温を測り、自然にまかせる(自己流) ×

2009年6月~
・夫が11月まで平日のみ出張が決定(週末のみ帰宅)
・不妊検査を兼ね、タイミング法で不妊治療開始 婦人科へ

【タイミング1週期目】(2009年6/3~7/4) 32周期  
 ※1週期目の詳細は → コチラ
・タイミング法① ×

 6/15 [D13]卵胞13mm 〇
 6/18 ホルモン検査 〇
 6/20 [D18]卵胞25mm 〇
       Hcg注射(24~36時間後に排卵)
 6/23    ルトラール10日分

【タイミング2周期目】 (2009年7/5~8/4) 31周期
  ※2週期目詳細は →  コチラ
  2個の卵胞が育つが途中で萎んだ為、断念
  子宮がん検診 〇
  乳がん検診 〇

【タイミング3周期目】 (2009年8/5~9/5) 32周期
  ※3週期目詳細は →  コチラ

  8/7 クラミジア検査(採血)陽性 ×
      →  夫婦でジスロマック4錠服用
     ホルモン検査(生理期) 〇
  8/9 [D15]卵胞15mm 〇
  8/22   Hcg注射
        ルトラール10日分処方されるが
          クラミジア治療に専念のため服用せず

【タイミング4周期目】 (2009年9/6~10/5) 30周期

  ※4週期目詳細は →  コチラ
・タイミング法④ ×

 夫婦共にクラミジア再検査 〇
 今周期はシルバーウィークの為、自己流タイミング 
   ルトラール10日分(3週期目で服用しなかったもの)

【タイミング5周期目】 (2009年10/6~11/4) 30周期
  ※5週期目詳細は →  コチラ
・タイミング法⑤ ×

 10/23 [D18]  既に排卵済み          
           ルトラール10日分

【タイミング6周期目】 (2009年11/5~12/2) 28周期

  ※6週期目詳細は →  コチラ
・タイミング法⑥ ×
 
 11/13 卵管造影検査 〇
 11/19 [D15] 卵胞18×13mm 〇
      内膜 〇
       Hcg注射
       ルトラール10日分

【タイミング7周期目】 (2009年11/5~12/2) 28周期
  ※7週期目詳細は →  コチラ
・タイミング法⑦ ×

 12/18 [D16] フーナーテスト 〇
 12/25 [D23] 精子検査 〇
          抗精子抗体 〇

 ☆ 医師より、人工授精へのステップアップのお話がある

 ☆ 12月で夫の出張が終了

2010年1月
・一般不妊検査を一通り済ませ、夫婦共に異常無し
・一旦、治療をお休みし、自己流でタイミングに戻る

2010年1月~5月

・基礎体温を測り、自然にまかせる(自己流) ×

2010年6月~
・再び夫の出張が決定(平日不在、週末のみ帰宅)
・人工授精(AIH)へのステップアップを決意

【AIH1週期目】(2010年6/23~7/28) 35周期
  ※1週期目の詳細は →  コチラ
・AIH① ×
 
 7/3 [D10] 精子検査 〇 → 凍結保存
 7/6 [D13] 中国製排卵検査薬で陽性がでるも排卵はまだ
 7/8 [D15] 卵胞チェック 〇
 7/10 [D17] 精子持参 → 凍結保存
 7/13 [D20] 卵胞18×17mm 〇 
 7/14 [D21] 初AIH
        凍結精子1本使用
        Hcg注射
        セフゾン1日分(抗生物質)
 7/16 [D23] 排卵済み
        Hcg注射
        ルトラール10日分
 7/17 [D24] 念のため精子持参 → 凍結保存


【AIH2週期目】(2010年7/29~8/26) 29日周期   
 ※2週期目詳細は →  コチラ
・AIH② ×

 7/31 [D3] 夫の休暇と排卵を合わせる為クロミッド  5日分
 8/11 [D14] 左右に卵胞アリ 〇
 8/12 [D15] フレッシュ精子で人工授精
         Hcg注射
         セフゾン1日分(抗生物質)
         ルトラール10日分 


【AIH3週期目】(2010年8/27~)
・AIH → タイミングへ切替 → 詳細はコチラ

8/31 [D5]  夫の休暇と排卵を合わせる為クロミッド  5日分
9/9  [D14] 卵胞チェック 〇
         内膜 〇
9/11 [D16] 夫の精子量が1/10の為AIHは断念 ×
         日曜日にタイミングを図るように指導
         Hcg注射
9/14 [D19] 排卵済みを確認 〇
         今回はルトラール無し 
9/28 [D33] 妊娠検査薬で薄く陽性反応☆ → 詳細はコチラ
10/2 [D37] 5週0日胎嚢は確認できず ×
           ルトラール7日分処方
10/7 [D42] 5週5日胎嚢確認できず ×
              Hcg数値 2056
10/12 [D47] 6週3日小さい胎嚢らしき●アリ
              Hcg数値 3000超    
10/15 [D50] 7週0日 胎嚢に変化なし
              Hcg数値 4000超
10/18 [D53] 7週3日 セカンドオピニオンにて
              総合病院でも同じ診察
10/19 [D54] 7週4日 流産確定  
              Hcg数値 3000台に減
10/26 [D61] 8週4日 子宮内清掃術(掻爬)→ 詳細はコチラ
              術後に服用4日分
              パルタンM (子宮を収縮させ元の状態に戻す)
              ニフラン  (炎症・痛みを抑える)
              イサロン  (胃の粘膜を保護する)
              セフゾン  (抗生物質)     

【お休み周期】(2010年11/28~12/26) 生理再開・34日周期

【専門不育症検査】≪不妊専門病院へ転院≫(2010年12/7~) → 詳細はコチラ 
12/7 [D10]  採血×7本 → ○
12/8 [D11] 子宮鏡検査 → ○
12/13 [D16] 卵胞チェック → 15mm ○   
12/17 [D20] 夫婦で染色体検査 → 結果1カ月後 → ○
12/27 [D30]  血糖・インスリン検査 →○
          黄体期採血 → 直後に生理の為、次周期で再検査

【お休み周期】(2010年12/27~1/24) 生理2回目・29日周期 
12/29 [D3]  生理中採血 → ○  
2011年
1/7  [D12] 卵胞チェック → 10mm   
1/12 [D17] 卵胞チェック → 確認出来ず(排卵済?)
1/19 [D24] 卵胞チェック → 内膜の状態から排卵済を確認? 
         黄体期採血(再検査)→ ○  

【転院後AIH1週期目】(2011年1/25~)生理3回目・32日周期
※3週期目詳細は → コチラ
・AIH③ ×

1/26 [D2] AIHで治療再開
        AMH採血 → 6.6(卵巣年齢40代前半)
        当帰芍薬散 30日分   
2/5  [D12] 卵胞チェック → 確認出来ず(排卵済?)
         ホルモン採血(排卵済か確認のため)→ ○
         AMHの結果、人工授精は1~2回とし
         体外へのステップアップの説明をされる   
2/8  [D15] 卵胞チェック → 14mm    
2/10 [D17] 卵胞チェック → 15.6mm
2/12 [D19] 卵胞チェック → 20mm
          Hcg5000注射
          人工授精実施

【転院後AIH2週期目】(2011年2/26~3/23) 26日周期
※4週期目詳細は → コチラ
・AIH④ ×

3/10 [D13] 卵胞チェック → 14mm
        ※体外・顕微への準備 → 心電図と採血 → ○  
3/12 [D15] 卵胞チェック → 18.7mm
          Hcg5000注射
          人工授精実施    

【体外受精周期】(2011年3/24~4/5) 強制リセットへ
※ショート法の詳細は → コチラ
・ショート法でスタート

3/24 [D1]  スプレキュア開始(1日2回12時間置き)   
3/26 [D3] 内診で15mmの卵胞があるため強制リセットへ
        排卵抑制のスプレキュアは停止 
         ソフィア8日分処方
         採血(再検査・無料) → ○
・アンタゴニスト法へ切り替え  

【体外・刺激周期】(2011年4/6~)アンタゴニスト法 35日周期 
4/6  [D1]  強制リセット開始   
4/7  [D2]  内診 → ○
4/8  [D3]
  ↓        婦人科にてhmg300投与
4/11  [D6]                     
4/12  [D7]  卵胞 → 卵胞最大8.9mm ○
          採血(E2)→14/ hmg300
4/13  [D8]  婦人科にてhmg300   
4/14  [D9]  卵胞 → 前回(4/12)とあまり変化なし
         採血(E2)→71/ hmg300
4/15  [D10] 婦人科にてhmg300 
4/16  [D11] 卵胞 → 10mm/採血(E2)→192/hmg300
4/17 [D12]  婦人科にてhmg300
4/18 [D13]  卵胞→ 左:14.5,14mm(2個)右:10,9.8,9.8,6㎜(4個)
         採血(E2)→418/hmg300/自己注射    
4/19 [D14]  婦人科にてhmg300/自己注射     
4/20 [D15]  卵胞→左:16,16,13mm(3個)右:12,11,11,10mm(4個)
         採血(E2)→646/hmg300/自己注射    
4/21 [D16]  卵胞→左19mを2個メイン(他5個アリ)
          採血(E2)/婦人科にてhcg10000(PM22時)    
4/23 [D18]  採卵 → 8個採取 hcg注射
4/26 [D21]  8個中6個受精 → 6分割グレードB1個を移植 
          hcg注射
          ルトラール12日分処方
          バイアスピリン14日分処方     
5/7 [D32] 判定日 → 陽性判定 (着床♪)
          バイアスピリン10日分処方
5/10 [D34] 化学流産 ×

【体外・お休み周期】(2011年5/11~30)強制リセット
5/11 [D1] 化学流産によりリセット(体温が下がった日を1日目)  
5/17 [D7] プラノバール10日分

【体外・自然周期】(2011年5/31~)  
6/11 [D12] 内膜8.9/卵胞17mm/採血   
6/13 [D14] 内膜チェック→△
6/16 [D17] 内膜8.9/卵胞17mm/採血    
6/17 [D18]  ルトラール12日分処方/採血    
6/20 [D20] 内膜10㎜
        7日目凍結胚盤胞(G4AB融解後AHA)→移植
         バイアスピリン10日分処方   
6/30 [D31] 判定日 → 陽性判定 (着床♪)
         バイアスピリン10日分処方/採血→β-hcg215    
7/9 [D40] 5w3d 10mm胎嚢&卵黄嚢確認
         バイアスピリン10日分処方(1/2錠) 
7/13 [D44] 6w0d GS14.7mm、CRL3.3mm
7/16 [D47] 6w3d 心拍確認    
7/23 [D54] 7w3d CRL11.4mm  
7/30 [D61] 8w3d CRL17.6mm   
8/6  [D68] 9w3d 不妊専門クリニック卒業

 妊婦健診へ続く


応援よろしくお願いします♪

はじめまして♪
はじめまして

ひまわりペコと申します

『 ペコ 』 と呼んでください

日々の思いを日記に綴っていきます

よろしくお願いします

応援よろしくお願いします♪
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

ペコ

Author:ペコ
**********************

2008年3月に結婚。
2012年3月8日に娘誕生☆

**********************

治療の詳細は  コチラ

【2008年4月】
・化学流産(妊検うっすら陽性)
【2008年10月】
・完全流産(胎嚢・卵黄嚢のみ)
【2008年11月】
・不育症検査(保険内)→○
【2009年1~5月】
・自己流タイミング→×

【2009年6~12月】
≪婦人科で不妊治療デビュー≫
・一般不妊検査→異常なし○
(クラミジア感染→薬で完治)
・タイミング法→×
【2010年1~6月】
・自己流タイミング→×
【2010年7~8月】
・AIH2回→×
【2010年9月】
・再度タイミング法で妊娠
【2010年10月】
・稽留流産(胎嚢のみ)→子宮内清掃術

【2010年12月】
≪不妊・不育専門病院へ転院≫
・不育症検査(保険外)→異常なし○
・染色体検査( 〃  )→異常なし○
【2011年1~2月】
・AIH2回→×
・AMH数値(抗ミュラー管ホルモン)→6.6
【2011年3月】
・体外受精へステップアップ
【2011年4月】
・ショート法→中止
・アンタゴ法→採卵→グレードB移植
【2011年5月】
・陽性判定→化学流産 ×
【2011年6月】
・自然周期→7日目胚盤胞4AB移植
・陽性判定
【2011年8月】
・不妊専門クリニック卒業!

≪産院へ転院≫
・2012年3月7日出産予定

・2012年3月8日女の子を出産♪

最近の記事+コメント
娘の成長キロク♪
カテゴリツリー
リンクツリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご質問などがあればメール下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。