スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2度目の流産 ②
こんにちは

今回は2度目の流産の続きを書きたいと思います

   前回 : 【 2度目の流産 ① 

しばしお付き合いくださいね




****************************************************

        エコー写真を掲載しています   
        不快な方はスルーして下さい。  

****************************************************




≪ 2008年 9/29 ≫

1週間ぶりの受診
前回よりも胎嚢が育っていて、卵黄のうという栄養の袋も見えてるそうです。
胎嚢は前回の17mm から 今日は25mm 
卵黄のうの形も問題ないとの事 

もちろん今でも流産の可能性はあるけれど、先生は
「 もう1週間待とう 奇跡を待っていたい  」
そう仰ってくださいました。

そう思って下さるのがとても嬉しかったのを覚えています
この時初めて【 成るようにしか成らない 】と思いました。

100729_1726+01_convert_20100802093214[1]

 9/29の胎嚢25mmのエコー写真です



≪ 2008年 10/4 ≫

朝から生理痛の痛みと、茶褐色のおりもの。
様子を見ていましたが、夜になり腹痛に耐えきれず
トイレに行ったところ、ドロっとした塊が・・・

深夜にもかかわらず、病院に電話しました
明日、受診するように言われ電話を切りました。

「 もうだめだ・・・ 」と思いました。


≪ 2008年 10/5 ≫

内診後、先生のお話を聞く。

先生 「 恐らく、昨日の出血で全て出ちゃったようだね…。
       辛いと思うけど、体を少し休ませてね。
       初期の流産は自然淘汰だから母体に問題があるわけじゃないよ。」

そのあと、茫然と話を聞いていたので何を話されたのか
全く覚えておらず、ただただ「 なんで私が??? 」

そんなことだけが頭の中にループしていました。
またしても、流産…。

あの激痛と大出血は化学流産の時と同じ…
いや、胎嚢や卵黄嚢を見たので気持ちは違う。

私は、子供を抱ける日が来るんだろうか、
夫に申し訳ない、などと自分を責める毎日でした。
スポンサーサイト
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

ペコ

Author:ペコ
**********************

2008年3月に結婚。
2012年3月8日に娘誕生☆

**********************

治療の詳細は  コチラ

【2008年4月】
・化学流産(妊検うっすら陽性)
【2008年10月】
・完全流産(胎嚢・卵黄嚢のみ)
【2008年11月】
・不育症検査(保険内)→○
【2009年1~5月】
・自己流タイミング→×

【2009年6~12月】
≪婦人科で不妊治療デビュー≫
・一般不妊検査→異常なし○
(クラミジア感染→薬で完治)
・タイミング法→×
【2010年1~6月】
・自己流タイミング→×
【2010年7~8月】
・AIH2回→×
【2010年9月】
・再度タイミング法で妊娠
【2010年10月】
・稽留流産(胎嚢のみ)→子宮内清掃術

【2010年12月】
≪不妊・不育専門病院へ転院≫
・不育症検査(保険外)→異常なし○
・染色体検査( 〃  )→異常なし○
【2011年1~2月】
・AIH2回→×
・AMH数値(抗ミュラー管ホルモン)→6.6
【2011年3月】
・体外受精へステップアップ
【2011年4月】
・ショート法→中止
・アンタゴ法→採卵→グレードB移植
【2011年5月】
・陽性判定→化学流産 ×
【2011年6月】
・自然周期→7日目胚盤胞4AB移植
・陽性判定
【2011年8月】
・不妊専門クリニック卒業!

≪産院へ転院≫
・2012年3月7日出産予定

・2012年3月8日女の子を出産♪

最近の記事+コメント
娘の成長キロク♪
カテゴリツリー
リンクツリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご質問などがあればメール下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。