FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[D23・ET2]バイアスピリンについて
【D23】【ET2】 基礎体温 36.47℃  【高温期5日目】

こんにちは

今日は昨日とは変わり、とてもいいお天気です
この後、ちょっと散歩にでも出かけようと思っています

私は4/26に胚移植を無事に済ませられたと同時に、
「 バイアスピリン100mg 」という内服を飲み始めることになりました

過去に私は3度の流産を経験しています。
プロフィールにも簡単に書いていますが

・2008年4月 化学流産 【妊娠検査薬うっすら陽性→職場トイレで大出血】

・2008年10月 完全流産 【妊娠検査薬くっきり陽性→自宅トイレで大出血】

・2010年10月 稽留流産 【AIH→タイミングに切替え妊娠→成長せず手術】

化学流産と完全流産に関しては、
当時まだ新婚だったこともあり自然にまかせていました。
ありがたくも陽性反応が出た時は飛び上がって喜びましたよ。

2度の大出血で流産をきっかけに仕事も退職

しかし、その後なかなか妊娠できなくなり不安が煽りました
ついに不妊治療をする決意ができタイミングから始めるも撃沈

途中、お休み期間はあったものの人工授精にステップアップ

3度目の人工授精の時、精子状態が悪くタイミングに切り替えた所、
陽性反応がでたと思いきや、胎嚢までしか育たず掻爬手術

本格的な不育症検査をするために今の病院の扉を叩き、
全ての検査、染色体検査をするも結局は原因不明で終わってます。

原因不明の流産

「 心拍確認前の初期流産は赤ちゃん側の原因 」と何度も耳にしました。

でも、それで納得してこの先、子作りできるでしょうか?
私は出来ませんでした。

原因が無くても、流産を予防できる方法を探していました。
そこで出会ったのが看護師Y先生との出会いです。

Y先生との詳細  体外・顕微授精セミナー / hmg続行と相談会

ご自身も不妊治療を経てお子様を授かっていらっしゃいますが、
間に流産も何度か繰り返されているお話を聞いた時に、
この人なら私の気持ちを分かってもらえるかもしれないと思いました。

不育症検査で原因が分からない人にでも服用できる
バイアスピリンというお薬があることを知り、
迷わず私は服用して行きたい事をY先生に伝えました。

バイアスピリンは血液が固まるのを防ぐ効能を持ってます。

でも、絶対に効く!という症例などはありません
胎盤に血栓ができるのを防ぎ、胎盤循環をよくする作用は期待できます
子どもへの影響も特にありません。

ただ、怪我などで出血が止まりにくくなるデメリットはあります。

私にはそんなデメリットなんて関係ないんです。
無事に育って出産したい、ただそれだけなんです

私の場合、2度目の妊娠から3度目まで2年かかってます。
37歳の今からまた、いつ妊娠出来るかも分からない
未知な時間を過ごすなんて到底できるはずもなく

しかも追い打ちをかけるように抗ミュラー管ホルモン値は6.6という、
40歳代の卵巣年齢と知ると、決してのんびりはしてられないという医師の言葉、
夫婦で話し合い体外受精に進もう…というのが今の私の現状です。

移植した4/26から早速バイアスピリンを服用しています
気休め程度なのかもしれない、でも、何か対処はしていたい。

きっと流産を繰り返している人は同じ気持ちかもしれない。

無事に出産できるまで、ずっと不安なんです

でもまずは!!!
無事に受精卵が着床してくれる事が第一の願いですね


最後まで読んでくれてありがとう

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
スポンサーサイト
[D22・ET1]私達の卵
【D22】【ET1】 基礎体温 36.58℃  【高温期4日目】

こんにちは

今日は朝から曇り空で、午後から雨が降り続いています
午後は、撮り溜めした映画を観てゆったりと過ごしてました

さてさて

昨日、無事に胚移植を迎えることができてとても嬉しく、
また、今もお腹の中で卵が子宮に貼り付こうと
頑張ってくれてると思うと、ちょっと意識してしまうものですが…。

そうは言っても、午前中に掃除もしたいし観葉植物の植え替えもしたい
普段といつも通りの生活を送っています

看護師さんも、あまり神経質にならず激しい運動さえしなければ、
いつも通りの生活でイイと言ってくれてたし

ところで昨日、先生から手渡された私の卵についてです

8個採卵できた内、6個が受精してくれていました
グレードがいい順番に記録として綴っておきます。

hai.jpg
【4/26午前中時点の結果】

↑は、採卵できた全ての卵の状態を表にしました。
病院ではA~Dのグレードでランク付けされていますが、
残念ながら今回私はグレードAがありませんでした

※印の『 3PN 』とは、多精子受精といい、
ひとつの卵に2匹の精子が受精してしまってるために、
移植しても流産してしまうので移植には向かないとの事

通常、採卵翌日から胚(受精卵)の発育をしていきます。

採卵後 1日目 : 前核期胚(ぜんかくきはい)
採卵後 2日目 : 4細胞期胚
採卵後 3日目 : 6~8細胞期胚 ←私はココで移植
採卵後 4日目 : 桑実期胚(そうじつきはい)
採卵後 5日目 : 胚盤胞期胚(はいばんほうきはい)

今のところ、②③④⑤の卵を胚盤胞まで培養している途中です。
頑張って発育してくれるのか、途中で止まるかは卵の生命力次第

発育が進みうまく成長してくれたら凍結してくれるのですが、
その卵の結果は妊娠判定の5/7(土)に聞くしかないのです。

な…長いなぁ・・・

でもでも、今回の卵で着床してくれたら申し分ないのです~~

まぁ、グレードAでも着床に至らないこともあれば、
グレードDでも妊娠出産出来た人もいるわけで、
妊娠って本当に不思議と奇跡の賜物ですよね

要は、どんなグレードだとしても、
無事に妊娠さえしてくれて出産できればいいのですよ

今朝からルトラール服用しているからか、
日中は体がポカポカしていてとても温かいです

このまま、着床してね

最後まで読んでくれてありがとう


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
初移植
【D21】【ET0】 基礎体温 36.48℃  【高温期3日目】


こんにちは

今日は朝から春一番のような強風です
吹いてる風も冷たいものから、生温かいものに。
すっかり春になってるんですね

さて、病院へドキドキしながら行ってきました
受付後、安静室に呼ばれ術着に着替えるように言われました。

「 コレを着るってことは受精できたってこと?_」

なんて思いながらしばらくベッドに腰掛けて待ってました
そこへ看護師さんが私を呼び、処置室へ入って行きました。
採卵の時と同じ診察台に乗ったところにT先生が来ました。

「 こんにちは。今日は移植ですね~ 。」

「 ドキドキします。宜しくお願いします。 」

T先生は1枚の用紙を、台でオマタ全開の私に手渡して説明してくれました

「 8個採卵が出来た内、6個が受精してます。
    一番状態の良い6分割したグレードBを移植しますね~。 」

(心の声)「 あ、Bなんだ。Aじゃないのね… 」と思いましたが、
もう、まな板の上の鯉 状態なので、全てお任せしました。

「 午前中でこの状態だから、今ならもう少し成長してるかも。 」

との言葉を聞いて少し安堵

看護師さんがエコーを映しながら、T先生が膣に
カテーテルを挿入してくれていました。
痛みはほとんどありません。

私の足元の先に引き戸があり「ペコさんで~す」という声が聞こえ、
扉の向こうには培養室があり、培養士さんが顕微鏡を覗いてました。

部屋の上部にテレビモニターがあり、そこに私の
小さな小さな卵たちが映し出されていたのです

「 今から注射器でこの卵を吸い取りますね。 」

それはそれは細い注射針の中に、スルッと1つの卵が入りました

T先生が私のカテーテルを手で固定しているところに、
培養士さんが卵の入った注射器を持って、カテーテルを通して、
私の子宮の中に卵を入れてくれました 

「 この薄く白い培養液の中に卵が入ってるんですよ~。 」

エコーに1センチ位の細長い影が映し出されていました。
培養士さんは、注射針に卵が残ってないかを確認されたあと、

「 これで移植は完了しました。 」

「 ありがとうございました。 」

あっという間に移植は終わり、安静室で30分くらい寝てました
途中、hcg注射を打ちに来てくれました

今日から、流産予防のバイアスピリン
黄体ホルモン補充のルトラールを服用することになってます

今まで、当帰芍薬散ビタミンE葉酸も服用していたので、
こんなにたくさん一気に服用して良いものかを薬剤師さんに確認

特に問題ないとのこと

でも、注射三昧のあとはクスリ漬けの毎日が待ってます
これも、無事に子を授かる為と思えばできます。

判定日は5/7

それまで長い…長すぎる…遥か遠く彼方…みたいな
フライングしない自身がないです

お願いだから着床してくれますように~~~


診察料         200580円
____________________
合計            534580円




最後まで読んでくれてありがとうicon1.gif


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
夫の誕生日
【D20】 基礎体温 36.58℃  【高温期2日目】

こんにちは

4/23(土)に無事に採卵することができ、
昨日から基礎体温が上昇しました

今の病院では個人情報遵守のために電話での
受精確認は行っていません

なんとも歯がゆいですが、それぞれ病院の考え方も
あるでしょうから4/26の結果を待つしかありません

採卵後、すこし子宮が張っている感じはありますが、
特に不快を感じる症状ではないのでゆっくりしています。

そんな採卵日は夫の32歳の誕生日でした

採卵から帰った当日はスパークリングワインでお祝いし、
前日に作っておいたバースデーケーキを食べました

cake1.jpg  cake2.jpg
   ちょっと膨らみが足りない          糸を使ってスライス

cake3.jpg  cake4.jpg
   動物性生クリームを使用           ナッペは不得意


夫のリクエストでたこ焼きパーティーです

tako.jpg  kace5.jpg

tanjobi.jpg  tirasi.jpg


とにかくシンプルなケーキが好きな夫なので助かります
デコレーションってセンスが現れますが、ごまかせたしら

たこ焼きとちらし寿司、なんとも地味~なお祝いとなりましたが、
楽しく、美味しく、日頃の感謝も込めて過ごしました~

さあ、卵が無事に受精してくれているように祈りながら、
胚移植も無事にできますように…と祈ってばかりの不妊治療

出来るだけのことはやってるのだから、
後は祈るしかないのですよね


最後まで読んでくれてありがとうicon6.gif


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
採卵行ってきました
【D18】 基礎体温 36.01℃ 

先ほど、無事に採卵から帰ってきました
ホッと一息つきながら、ブログを更新しています

今日は夫が仕事なので、朝に採精してもらった容器を持ち、
雨の中、車で自ら運転して病院へ向かいました

朝の通勤ラッシュに遭ってはいけないと思って早めにでたのですが、
余計なことだったのか30分も早く病院の駐車場に着いてしまいました

その間、採精した容器をお腹で温めておきました
別にしなくていいと看護師さんからも言われてましたが

8:30

受付にて採精した容器を手渡しした時に、看護師Y先生が

 「 おはよう!今日は頑張ろうね! 」

と、にょきっと顔をだし元気な励ましを頂きました。嬉しかったです

緊張するというよりも、朝から飲まず食わずでお腹が空いてたので、
ランチは何にしようかとソレばかり考えてました

安静室に案内され靴下以外は全部脱ぎ、術着に着替えてしばし待機
今日の採卵は私ひとりだけだったようで、どの病室も真っ暗でした。

8:50

看護師さんが呼びに来て処置室へ。
薄暗い部屋の診察台に乗って、心電図や点滴を打ち始めました
モニターのピッピッという脈拍音と看護師さんの声だけが響いてました。

処置を担当して下さる院長先生が部屋に入ってきて

 「 おはよ~。では、はじめますよ~。 」

といつもの物静か~なトーンで言いました。

 「 おはようございます。宜しくお願いします。 」

大好きなY先生が、私の左手をずーーーっと握ってくれていて、
少しでも処置の痛みから気を反らせようとしてくれているのか、
私の前の職場の話や、夫の話などを話しました。

エコーを見ながら

 「 これが卵が入ってる袋ね~。」

時々チクッと痛みはありましたが、我慢できる程度なので大丈夫です
麻酔もいつの間にか効いていたようなので、あっと言う間でした
処置時間は10~15分だったと思います。

 「 ほほ~。8個採れたよ。 」

 「 ええ いつのまに8個になったんですかね~~ 」

ビックリしました。
当初は2~3個が限度だと言われていたところが、
前回の卵胞チェックから2日経ち更に成長してくれていたようです。

そして、ほんの数歩で行ける安静室まで車イスで行きました
案外、麻酔が効いてるようでちょっとフラフラしました

9:15

アイスカフェオレを頂き、ベッドで1時間ほど横になってました。
麻酔のせいか、すごく喉が渇いて、唇までカピカピでした。

1時間後、再度お隣の処置室で内診。特に出血などの異常なし。

院長先生が

 「 今回は8個採れました。
     受精が上手くいけば、胚移植は4/26の12時半に行います。 」

 「 ありがとうございました。 」

10:20

これで処置は全て終了
着替える時に看護師さんが、夫の精子検査の用紙をくれました。

 「 精子は持参だったからか、ちょっと運動率はいつもより低いけど、
    あまり気にしなくていい程度だからね。
    8個の卵に対して2000万の精子を均等に降りかけますね。 」

 「 ドキドキします…ありがとうございました。 」

会計を済ませて病院を出たのは11時前でした。
麻酔は切れてるので車の運転は大丈夫でした。

朝から絶食で何も食べて無かったので、
ラーメンと餃子をキレイに完食した後、セリアで買い物して帰宅しました。

ダウンロード

「 8個かぁ~。頑張って受精しておくれよ~。 」

なんて心の中で思いながら食べてました。

そして余談ですが…
採卵日の今日、夫の32歳の誕生日でもあるのです

今日は夫への日頃の感謝の気持ちも込めて、
ささやかなお祝いをしたいと思います


診察料         100000円
____________________
合計            334000円



最後まで読んでくれてありがとうicon1.gif

 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

ご訪問ありがとう♪
プロフィール

ペコ

Author:ペコ
**********************

2008年3月に結婚。
2012年3月8日に娘誕生☆

**********************

治療の詳細は  コチラ

【2008年4月】
・化学流産(妊検うっすら陽性)
【2008年10月】
・完全流産(胎嚢・卵黄嚢のみ)
【2008年11月】
・不育症検査(保険内)→○
【2009年1~5月】
・自己流タイミング→×

【2009年6~12月】
≪婦人科で不妊治療デビュー≫
・一般不妊検査→異常なし○
(クラミジア感染→薬で完治)
・タイミング法→×
【2010年1~6月】
・自己流タイミング→×
【2010年7~8月】
・AIH2回→×
【2010年9月】
・再度タイミング法で妊娠
【2010年10月】
・稽留流産(胎嚢のみ)→子宮内清掃術

【2010年12月】
≪不妊・不育専門病院へ転院≫
・不育症検査(保険外)→異常なし○
・染色体検査( 〃  )→異常なし○
【2011年1~2月】
・AIH2回→×
・AMH数値(抗ミュラー管ホルモン)→6.6
【2011年3月】
・体外受精へステップアップ
【2011年4月】
・ショート法→中止
・アンタゴ法→採卵→グレードB移植
【2011年5月】
・陽性判定→化学流産 ×
【2011年6月】
・自然周期→7日目胚盤胞4AB移植
・陽性判定
【2011年8月】
・不妊専門クリニック卒業!

≪産院へ転院≫
・2012年3月7日出産予定

・2012年3月8日女の子を出産♪

最近の記事+コメント
娘の成長キロク♪
カテゴリツリー
リンクツリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご質問などがあればメール下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。